Meimei/石川久美恵(Kumie Ishikawa)

このエントリーをはてなブックマークに追加

JLBA(日本リビングビューティー協会)認定  ローフードマイスター認定校講師
静岡浜松市で、子連れOK、Rawfood・ベジタリアン教室を行っています。

 

 

  わたくしごと

食べることも作ることも大好き。

中学生時代から自分の体型にコンプレックスを感じ、ダイエットをいろいろ試す。食事制限、ジョギング、さつまいもダイエット、ジムに通うなど。でもなかなか思うようにはいかず、痩せたい痩せたいという思いで、数字と食にふりまわされる。そんな生活を続けていたら、体重は安定したものの、髪や肌の乾燥や、手湿疹に悩まされるようになる。さらに就職し、一人暮らしを始めると、かかったことのないインフルエンザに。また、逆流性食道炎にも悩まされるようになる。このままではいけないな、と思っていながらどうしたらいいかわからず、何も変わることがなかった。

それから結婚し、2010年長女の妊娠が発覚してから、マクロビオティックと出会い、玄米菜食生活をスタート。
妊娠中も体調は良く、長女は2時間半のスピード安産。
その5ヶ月後、転勤で、現在の住まい、静岡県浜松市に引っ越す。
そこで三ケ日みかんや、次郎柿、都田ピオーネ、青梗菜、馬鈴薯etc豊富な自然の果物や野菜に出会い、地産地消を目の当たりにし、衝撃が走る。 どんどん浜松の食材たちに惹かれていく。
2012年長男妊娠が発覚。子連れでいけるマタニティヨガに通いだす。
子連れでもいけるという点に感謝。
産後、浜松の食材をそのまま味わいたいという思いから、ローフードをツールとして選択。
2014年秋にはローフードマイスター1級を取得。 さらに認定校の資格も取得。
私自身、ナチュラルハイジーンの考え方に基づき、
朝グリーンスムージーを始めてから、肌のトーンが明るくなり、髪の乾燥もなくなってくる。
さらに、手湿疹がなくなり、逆流性食道炎も克服。
なによりも考え方がシンプルになる。
今まで痩せたい痩せたいと思っていた考えが、「このままでもいいんだ」と思えるように。
さらに子供達がグリーンスムージーを飲むようになる。
今まで「ちゃんと食べてくれない」と悩んでいた気持ちも、
スムージー飲んでるから栄養はばっちり摂れてるじゃん、と考えることができるようになり、
子育てイライラも軽減。

また夫が、就職後16kg太ったが、

朝グリーンスムージー、夜にまずローフードおつまみを食べる、という生活で3ヶ月で14kg減る。リバウンドなし。
IMG_4294

before

IMG_4293

after

 

『疲れた』が口癖だった、夫は、痩せたおかげで動くのが楽しくなったようで、おかげで家族もHAPPY。
家族で食で幸せのメソッドを模索しながらも、つづっていきたいと思います。
あなたの大切な家族が健康な生活とたくさんの笑顔に包まれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です