世界の肥満率ランキング!え!?先進国って実はこんなところに位置していたの??

2018年11月26日 0 投稿者: meimei
世界の肥満率ランキング!え!?先進国って実はこんなところに位置していたの??
このエントリーをはてなブックマークに追加
3ヶ月で体の声が聞こえ始める料理教室Meimeiです♡

 

jewel*ローフードマイスター資格取得講座→☆☆☆

 

jewel*11月講座日程→☆☆☆

 

NEWjewel*12月講座残席→☆☆

 

jewel*Meimeiおすすめの商品・発送も承ります→☆☆☆

 

ひらめき料理教室の予約メールを送ったはずなのに、返信がこない!!!??

そんな方はこちらをご覧ください。→☆☆☆

メール設定をご覧の上、再度メールをいただけますと嬉しいです。もしくは、コメントをくださいね♡

 

おはようございます!

 

ローフードマイスター静岡浜北校・玄米中心ベジタリアン料理教室Meimei

主宰の石川久美恵ですayaきらきら

先日、“フランスの子供にはなぜ肥満が少ないのか”というニュースがありました。
同様に、なぜイギリスの子供は肥満が多いのか、ということも一緒に書いてありました。
と、いうわけでWHO(世界保健機構)の世界肥満率をチェックしてみました♡
2016年、189カ国のBMI値で出し、人口とのパーセンテージで出しております。
1位 ナウル
2位 クック諸島
3位 トンガ
上位3カ国。
どこ??っていう感じの方もいるかもしれません。
私にとってはあまり馴染みのない国でした。
私も、ナウル共和国だけは違う文献で知っていましたが、あとは知りませんでしたスマイル2
全て、オーストラリアとハワイの間にある、小さな島。大きさは東京都の品川区ほどのようです。
世界でも3番目に小さな国連加盟国。

クック諸島。

トンガ。

肥満大国、アメリカとか、メキシコじゃないところがランクインしているところから、ちょっと的外れ感がある方もいるかもしれませんスマイル2汗汗

まぁ、でもナウル共和国に関しては肥満大国になったわけがきちんとあるので、この説明は別記事にて。。
上位3カ国は、こんな感じですが、ではよく耳にするアメリカ、イギリス、フランス、日本などの途上国はどのあたりに位置するのでしょうか??にこちゃん
といってもこの先ランクインする国はだいぶ聞きなれない国なので、割愛します。
.
.
.
20位 メキシコ
.
24位 アメリカ合衆国
.
44位 オーストラリア
.
47位 ロシア
47位 イギリス
.
49位 ハンガリー
.
58位 カナダ
.
62位 スペイン
.
83位 ドイツ
.
95位 ブラジル
.
97位 ベルギー
.
108位 イタリア
.
115位 モンゴル
116位 オランダ
.
120位 フランス
.
122位 スイス
.
135位 タイ
.
141位 南朝鮮
.
151位 中国
.
166位 日本
.
172位 北朝鮮
.
181位 カンボジア
182位 インド
.
186位 ベトナム
187位 ネパール
188位 エチオピア
189位 バングラデシュ
でした。
日本の肥満率が低いだろうなぁ〜と予想していた人は多くいると思います。
確かにね、世界中からも「なぜ日本は先進国なのに肥満国家じゃないんだ??」と思われているんです。
先進国になればなるほど、コカコーラやポテトチップス、ファストフードにあふれ、生活習慣病が増える。そして病院に行ってなんとかしてもらおうと考え、薬漬け。結果病院は何もしてくれるわけじゃないので、薬で肝臓がやられたり、食生活を改善せず、自分自身で細胞を傷つけ、死んでしまうだけ。
実は、先進国になって生活習慣病が増えると、国やその他先進国々は儲けるのです。
だから国民をデブにしたいんですよね。医療費も儲かるしね。
でも、なかなか日本国民、すぐにはデブになってくれない。ただ、着々と2人に1人はガンと言われる時代になってきて、着々と国の思惑通りには進んでいます。このブレーキをかけることができるのは、生まれてくる赤ちゃんたち、そして今の子供たちを守ることだけ!そのためには母、父、そして子供を育てていく大人の意識改革が必要です。
(意識改革、一度料理教室にお越しください♡)
このことに疑問を感じる一部の人たちは食生活や住生活、ライフスタイル全てを改善するようになる。
そして健康的な生活を送る。
しかし、ここにはお金も多いに関係してきます。
オーガニックや無農薬、有機というものはまだまだ高い!セレブ!といったイメージがあります。
もともとはこういう生活を当たり前のようにしてきたのに、何十年、何百年とかけて植え付けられたイメージや思想は、何十年、何百年かけて元にもどしていかなければなりません。
人類が滅びるのが先か、気づいて軌道修正できるのが先か。。。
表で見る限りは、メキシコは世界でも肥満大国だ!
と言われているけれども、それを言っているアメリカもそうそう変わりません。
そしてロシアとイギリスが同順位なのも意外でした。
また、ヨーロッパ内でのイギリスの肥満率の高さ、、、これは食への意識が関係しているのかもしれません。
食べながらしゃべること、騒ぐことが大好きなフランス人やイタリアン人、食事に楽しみが毎回あるのもいいことなのかな♡
(孤食は肥満を誘発するってことですね!)
実はある別の文献にて、アジア各国へのアンケート。
どのくらいになったら人を太っていると思うのか?
自分自身、どのくらいになったら痩せなければ!と危機感を感じるのか?
これをしたところ、アジア人はラインが高く、その中でもタイ、ベトナムはちょっと一般的には健康体型と思われる女性の写真でも「太っている」と答える人が多数だったのです。(厳しい。。。)
だからか、ランキング下位にはアジアの国々がたくさん!
アジア人は欧米の人ほどビッグサイズになることは体質的に難しいです。
むしろアジア人でそうなってしまったら命の危機です。
整形大国、南朝鮮。
顔がいやなら整形したいいのに、とか、太っているのが嫌なら脂肪吸引したらいいのに、という意見がはびこっているわりには、アジア圏内でも肥満率が高いです。
中国、北朝鮮に関してはどこまでこのデータを信じてもいいのか不明ではあります。
データや表を見ることって私はすごく好きです。
食生活、ストレス具合、生活習慣などいろいろと関わってきているのが見えてくるからです。
一つの面からだけじゃなく、別の面から掘り下げていくのも楽しいんですスマイル2比呂比呂
というわけで、もう少しこちらのブログも頻繁に書いていこう!そう思っているので、またこのデータから掘り下げていきますよ〜!
12月講座、残席が少なくなってきております。
お申し込みはおやめに♡♡
メールお申し込みはこちらを、クリック♡
seiもしくは→rawfood.meimei☆gmail.com
☆をアットマークにおかえください♪

 

 

⬇︎をクリックしていただくと、MeimeiのLINEを簡単に登録することができます♡LINE@からのお申し込みも可能です!

image

 

 

⬇︎パソコンからブログを見てくださっている方は、ラインの友達追加ボタンからQRコードをよみとってください♡

face4あなたの体質改善、相談にのります♡⬇︎

○ローフード

○マクロビオティック望診

○食事改善

の観点から解決方法を探りながらアドバイスいたしますface4キラキラキラキラ

 

今までの相談内容(現在進行形のものもあります)⬇︎

◇子供の偏食

◇ご主人のアトピー改善

◇お子さん(3歳)のアトピー改善

◇ガン発症後の食生活アドバイス(アドバイスとはなりますのでガンの治療では決してありません)

◇ご自身のアトピー改善

◇胃の不調

◇目の不調

◇偏頭痛

◇花粉症   etc…

 

zoom、オンライン、または直接会う、が可能ですface4

40分 2000円

 

 

《絶賛募集中♡》

jewel*11月【プライベートオンライン講座】→☆☆☆

○お手当
○セルフケア望診断

○あなたの才能掘り下げます!!→☆☆☆
 ○個人事業主になる!

jewel*オンラインプライベートレッスンの詳細→☆☆☆

 

 (携帯、タブレット、パソコンなんでもできます♡お子様がいても大丈夫!自宅でも大丈夫!)

 

NEWjewel*「個人事業主になる!」

 

 第3ターンはこちらをごらんください⬇︎(画像をクリック♡)

 

image

 

 

おすすめ♡自然派コスメ⬇︎

でも、しっかり派へ比呂比呂